« バスの中からご挨拶 | トップページ | 気分転換 »

2006/10/18

悶々

タクの懇談会に行ってきました。聞き役に徹する・・ことは、喋りな母ちゃんゆえ無理やったけど
でもタクの学校での様子とか、やってることの内容とかを聞いて、悶々としております。

タク、今年で5年生。っていうても、スペシャルクラスの5年生なんで、お勉強の面ではかなり
遅れてる。でも、それなりに出来ることは増えてるし、算数もルールを教えてやれば出来ることは
もっと増えると思うワケ。
だから、足し算とか引き算ばっかりやってんと(それが出来るようになったことは嬉しいけど)、
次の段階のかけ算に進んでくれれば?って思うんやけどね。

どうも学校側は乗り気じゃないみたいでね。

今日も母ちゃん

「次のステップに進んで欲しい!タクのペースで、タクが出来る
 可能な限りのことを出来るようになって欲しい」

って先生に言うたら

「でも、学年のレベルには達してない」

って言われてねぇ・・・・・。

んなこと、分かってんねん!

何もいきなり5年生レベルに持ち上げろ!そこまでやらせろとは言うてないのにねぇ・・。
もう、全然噛み合ってないんよね。

でも、反対に「かけ算が出来たからって言うて、それが何になる?」って言われたら
母ちゃんも唸り声を上げるしかないような・・。
何になる?将来の仕事の役に立つ?かけ算が出来るようになったらタクが幸せになる?

でもでも、このまま教える努力・学ぶ努力をせんでいいんか?とも思うし・・・。

悶々。

来年のミドルスクール進学の事を考えても悶々。

タクが出来ることを増やしてやって、出来る喜びを教えてやって、自信を持たせて楽しみを増やして
いければ、充実した生活が送れるんとちゃうかなぁ・・って思うんやけどねぇ。

やっぱり学校はアテにならんって事でオチがつくんでしょうかねぇ??

|

« バスの中からご挨拶 | トップページ | 気分転換 »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

アメリカには、日本でいう九九みたいなのって無いの?
タクちゃんだったら、九九なんてすぐに覚えられそうなんだけどなぁ!

投稿: キラキラ | 2006/10/18 23:37

学校って家庭では出来ない子供の持ってる力をもっと伸ばしてくれる場所ですよね。
なので先生には精一杯努力して欲しいって私も思います。

投稿: カレン | 2006/10/19 07:15

もう、こうなったら学校ではソーシャルライフのお勉強に行ってるんだって思い切って、家でちかさんがタク君にホームスクールみたいに、ちかさんの教えたい事を何でも教えてあげたらどうですか?
でも、そんなに簡単なもんではないですけどね。。。。。
私も子供達に日本語を教えようとした時期があったけど、結構、人に物事を教えるって難しいものだと思ったよ。特に自分の子だとね。

投稿: はんちゃん | 2006/10/19 07:47

ちかさん
『悶々』というタイトルどおりの気持ちがよく
伝わります。わたしもしょっちゅう悶々と
日々過ごしてます。ただ私の場合は、今の
ちかさんとは逆で、こーちゃんに無理をさせ
すぎてないかということを気に病んでます。
学校でとりあえずなんとかなってはいるけれど、
どうも『だましだまし』という感がぬぐえません。
もーのすごく必死で家で宿題させ、復習をさせ、
という毎日なんだけど、それでも到底追いつけ
ない。これって正しいことをしてるんだろうか?
って思います。子供時代は二度と戻らないと
いうのに、毎日こんなでいいのかなーって
不憫でため息がもれちゃいます。
我が子の能力に分相応で、それにプラスして
ちょこっとチャレンジ精神を刺激する.....という
レベルが一番理想なんだけどなー。ただうちは
夫とその点で意見がいまいち一致してません。
最初からあきらめてレベルを落とすのは本人の
ためにならない、というのが夫の考えみたいです。
まあそれもそうですよね。ちかさんのご主人は?
 ごめんね、長くなっちゃった。

投稿: にーちゃん | 2006/10/19 08:57

算数って、考える事の基礎だと思うので、役に立つかどうかで決める物でもないと思う。 私なんて文系なのに「微分、積分」やったけど、高校卒業以来一回も使ってないよ。足し算、引き算が出来ているならば、そこで足踏みする必要は全くないのでは。
最初から九九を全て網羅しようと考えなくても、6個のグミを2*3=6と認識できるようになったら、それだけでも1,2,3,4,5,6と数えるよりすごい進歩だと思う。
子供があるレベルまで達しているのに、「この子はその上をやっても意味がない」と言い切ってしまう教師がいるとしたら、やはり噴火でしょう。
超運痴な娘を間違ってスイムチームに入れてしまい、本人はものすごくがんばって一気に泳げるようになっていたにも関わらず、ヘッドコーチに「この子はやっても意味がないのでは」と言われたことがあります。 「本人が昨日よりも早く泳げるようにがんばっていて実際記録が毎日伸びているのに、やっても意味がないとはどう言う事ですか? 他の選手に勝てないと意味がないなら、あなたもオリンピック選手にはなれそうにないから止めたらどうですか?」と言い返して超嫌われました。 結果は2夏やって63人中61位。因みにラスト2人は数日前に入ったばっかりで泳ぎきれなかった子たち。 でも、本人は小さかったので自分が下手だったとは今でも知らず、「スイムチーム楽しかったね。泳ぐの得意。」と言っています。 
その日その日をがんばって次のステップに挑戦してゆく事で子供は伸びてゆくのだと思います。 それが役につかどうかは人生終えてみないと誰にもわからないのでは。

投稿: キク | 2006/10/19 09:37

>キラキラさんへ

あるけど、日本みたいに唱えて覚えるって感じじゃないですねぇ。
スグに覚えられそうでしょ?なのに学校側はしないのよねぇ。
もううちでやるしかないのかねぇ・・。
でも、じゃあ学校でどんな新しいことを習ってるんや?って感じでしょ?

投稿: ちか | 2006/10/19 20:35

>カレンちゃんへ

でっしょーーー?!!学校ってフツーはそういう場所だよねぇ?
そういうチャンスを与えてくれる所だよねぇ??
なのに手間暇がかかりそうなことはしないって思われることには
非常に奥手ですわ・・。
自閉症のプロって自分たちでは言うクセに!!

投稿: ちか | 2006/10/19 20:37

>はんちゃんへ

ソーシャルライフもねぇ・・かなりいい加減でねぇ・・・。
手強いと思える事には敢えてチャレンジしないような感じがヒシヒシと伝わってくるんよ。
何かタクのことを全然分かろうとしてないような、「どこ見てんねん?」って感じ。
ホームスクール・・・これがねぇ。日本語で教えても難しいと思うのに、それを
英語で、しかもコミュニケーションに障碍のある子どもに。
私も出来る範囲で工夫してやってるけど、キツイですわ。

投稿: ちか | 2006/10/19 20:40

>にーちゃんへ

「我が子の能力に分相応で、それにプラスしてちょこっとチャレンジ精神を刺激する.....
 というレベルが一番理想なんだけどなー。」
私もその意見に大賛成!!
別に障碍がない子でも、誉められれば頑張る気になるし、新しいことにもチャレンジしていこうって
意欲も湧くと思うんやけどねぇ。
「出来ない」って決めつけて「諦めて」るんじゃなくて、達成感を感じながら、新しいことに
挑戦しようっていう楽しみを与えて行って欲しいんやけどねぇ。
でも、こーちゃんは頑張ってるよねぇ。ホントに「ほどほど」って見つけるのが難しいと思う。

投稿: ちか | 2006/10/19 20:45

>キクちゃんへ

ああ、キクちゃんをタクのIEPに連れて行きたいーーーっ!!
何かタクの先生と喋るたびに「学校って何をするところやったっけ?」って思うんよね。
何かねー、色々考えますわ。

投稿: ちか | 2006/10/19 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バスの中からご挨拶 | トップページ | 気分転換 »