« まったり日曜日 | トップページ | あいたたた・・ »

2007/04/30

仲間

今日は同志の友達、松けん母とお母様と3人でブランチしながら喋りまくって発散の日。
ホントは先週の予定やってんけど、シロアリ退治で今日に延期になってたんで、たまってた分を
喋りまくってきました。

松けん母もお母様もタクより年上のお兄ちゃん達がいてるんで、母ちゃんにとっては「予告編」を
見てるような感じでねぇ。まぁ、3人ともタイプが似てるようで違うから予告を裏切られることも
きっとあると思うし、それにだいたい親のタイプが違いすぎるから・・・。
お母様とはもう天と地の差と言いましょうか・・・。大阪と東京の違いってだけじゃなくて
同じ人間なのか?と自分で突っ込みたくなるような事も多くてねぇ。
でも、状況を分かり合える友達と喋るのはホントに楽。こんな友達が近所にいて幸せです。

ホントに自閉症の子を育てて行くのに色んな療育をやったり、色んな情報を収集したり
色んな教材を作ったり、色んなお医者さんやセラピーに連れて行くのも大事やけど、
親が疲れ切っとったら続かへんし、親のサポートも同じぐらいに大事やなぁってつくづく
思うんよね。

前にも日記に書いたと思うけど、母ちゃんがホントに救われたって思ったのはタクが
スペシャルエドのプリスクールプログラムに変わってスグの頃。
もうあの頃はタクが自閉症って分かって間もなかったし、色んな情報で頭もいっぱい。
タクも泣いたり怒ったりキャーキャー叫んだりしてたし、トイレトレーニングも途中やったし
もう「お先真っ暗」って感じでねぇ。
そんな時にクラスでクリスマス・パーティーがあったんよね。
タクは午前中のクラスで、いつもやったら帰れる時間やのに、その日はパーティーがあるからって
いうんで帰れんかったし、教室には他の親達もいっぱい。母ちゃんも来てんのに、その混み合った
教室から救い出して連れて帰ってくれるワケちゃうし、もう何が何やら分からんで、クリスマスソングが
流れてみんなが持ち寄った料理を食べてワイワイ楽しそうにしてる中、その人混みの足下で
タクは怒って泣いて座りこむし、母ちゃんはとてもやないけど食べれる状況じゃないし、他の子は
フツーにしてんのに何でタクだけ・・・って思いながら顔は引きつって笑いながらも心はゲッソリで
タクと一緒に床に座りこんでたん。
そしたら、1人のお母さんが母ちゃんの肩をトントンって叩いてね。

「I've been there.(私も同じ経験をしたわよ。)」

そうひと言、声をかけてくれたん。

あのひと言でどんだけ救われたか。仲間がいてるって思えた瞬間やったなぁ。
あのお母さんとは子供が違う小学校に進んだし、もうあれ以来会ってないけど、ホントに今でも
感謝してます。

アメリカでも、同じ自閉症の子供を持ってても気の合わんお母さんもいてるけどね。
でも、気の合う仲間は大事にして、みんなでアイデアを出し合って愚痴を吐き出しあって行けば
どうにかなるかなー。いばらの道もお互いに毛抜きでトゲを取り合いながら、ちょっとずつでも
前進していけるんとちゃうかなー。

イヤなことがあっても、後で一緒に笑いあえる仲間。大事にしたいです。

|

« まったり日曜日 | トップページ | あいたたた・・ »

嬉しい日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まったり日曜日 | トップページ | あいたたた・・ »