« 人生で2度目 | トップページ | 経過 »

2009/01/10

ぎっくり腰・パート2

ぎっくり腰、1日経ってちょっとマシに。
まだ座った姿勢から立ったりとか、ブーツや靴下を履いたり脱いだりとか、
洗濯物を乾燥機に入れたり乾燥機から取り出したりとか、車の乗り降りとか、
スーパーでカートから品物を取りだしてレジに置いたりしたら腰にピシッと
痛みが走るけど・・。この生活でジッと安静になんて無理な話なんよ・・。
それでも昼間にタクがコンピューターしてる横でちょっと寝れたんでマシに
なったんかも。

トニーは夕方になってやっと初めて「そんなに痛いん?」みたいな・・・・。
それまでは野菜クズを庭の下の方に置いてあるコンポストに「入れてこい!」
とか、今日は突風が吹き荒れてて隣の家の松の木が枝を落としてくるわで庭が
エライ事になってたんで「掃除しろ!」とかって暴言を吐いてて、
母ちゃんの頭の中には「打倒!闘魂!」の他にも「復讐!」とかっていう
言葉がチラチラ。で、言われた事をことごとく却下し続け、で、やっと夕方に
なってキッチンでイスから立ち上がった時に腰を押さえてしばらく凝固してた
母ちゃんを見て「あら?」みたいな・・。

何でこんなに母ちゃんが痛い思いをしてんのに気がついてくれんのかねー?
薄情モン。人非人。

って思って気がついた。

トニーって自分がしんどい時とか、背中にイボが出来た時とか、膝の裏に
ブツブツが出来た時とか、全部母ちゃんに見せたがるんよね。
「オレはこんなにシンドイねん!痛いねん!イボイボやねん!痒いねん!」

でも遠い昔に日本で看護婦免許を取得した経歴がある母ちゃんが見たからって
いうて、別に母ちゃんが特別何か治療とか看護してあげるわけでもないし、
可哀想がることもないし、心配することもないし(だって、たいがい別に
どーってことない湿疹やったりイボやねんもん)最終的にはお医者さんに
行って診てもらってくれば?で終わるんやけど。

で、これが今回みたいに立場が逆になるやん?そしたら母ちゃんはもう
出来るだけトニーにヤイヤイ言われたくないから距離を置いてるような気が
する。もう・・なんていうの?瀕死のゾウが自ら群れを放れていくような?

でも逃げ場のない家&相手がトニーなんで、今日も腹筋の仕方を見せられたり
しとったんやけど・・。

それにしても日本語では「ぎっくり腰」っていう、もう聞いただけで痛そうな
名前があるけど、これって英語でどうなん?って思ってね・・。
前に「ぎっくり腰は別名『魔女の一撃』って言う」って、どっかで読んで
なるほどなぁ・・って思ったけど、これをトニーに英語で言うてみたけど
全然通じやんでね・・。

私の英語力がないから。

じゃなくて(じゃなくて!)「魔女」っていう思考回路って、どう考えても
ヨーロッパ的やん?だから通じへんねん。

なので調べてみました。
英語で「ぎっくり腰」は何て言うて説明したらいいのか?

back pain,lower back pain・・・こんなん、ただ腰が痛いってだけやん
strained back ・・・ああ、これなら引きつった痛みって感じ

でも・・

my back was f●●●ed up・・・これが一番トニーに分かってもらえそう。

|

« 人生で2度目 | トップページ | 経過 »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生で2度目 | トップページ | 経過 »