« 検査結果 | トップページ | 疲れ果てた「生徒の日」 »

2009/01/25

タク外出の日曜日

今日はお昼前からタクはお出かけ。
「タクの日記」にも書いたけどシンシアがC君を朝から夕方まで
見ることになってて「ついでにタクも一緒に」って言うてくれたんで、
ついでに連れ出してもらいました。

この一緒にお出かけしたC君はタクが自閉症って診断されてスグに通い始めた
療育センターで知り合ったんで・・かれこれ8年以上の知り合い。
小さい頃から体格も大きくて、なかなか荒っぽくて癇癪を起こしたら派手で
なかなか手を着けられないようなタイプの自閉くん。
タクも数年前にシンシア主催のサマーキャンプからみんなでビーチに行った時
車からおりてきたC君にいきなり腕に噛みつかれて歯形が残った事があって。
たまたま母ちゃんも一緒に参加してて、その瞬間もその場にいたんやけど、
もう何もする事が出来んかったぐらいの一瞬の出来事でビックリしてね。
その後、かなり長い間タクはC君を怖がって近寄らんかったんやけど、一緒に
体操したりペアレンツ・ナイトアウトで会ったりするうちに、大丈夫になって
ジムで顔を合わせれば「Hi!」って挨拶するようになって。
シンシアはタクともC君とも、療育センターからの付き合いなんで、もう2人
とも8年以上の付き合いになるし、2人ともシンシアの言うことなら神妙な
顔して聞いてるのが何とも可愛いんよね。
で、シンシアが2人とも見れるって言うし、連れ出してもらったんやけど・・

C君の家族が朝から教会に行くんで、C君は朝の9時頃からシンシアと一緒
やったんかな?で、うちに迎えに来る時間をシンシアがケータイ・メールで
連絡してきてくれたんやけど

「今、2人でネイルしてもらってるから10時半頃にタクをピックアップしに
 行くわね。」

は?ネイル?C君と?!

タクを迎えに来てもらったときに話を聞いたら、C君、マッサージチェアに
座ってマニキュア(手のマッサージと爪を綺麗に磨いてもらうだけ)と
フットバスして足のマッサージもしてもらって極楽やったらしいです。
で、C君が極楽気分でニコニコしてる横でシンシアは自分もマニキュアと
ペディキュアしてもらって、まさに一石二鳥。

でも、その後のタクが普段は絶対に嫌がって食べへんフレンチフライを
難なく食べたとか、映画館で2人が「家に帰りたいコール」をしても
そのまま最後まで観たとか・・・これ、シンシアやから出来るんよね。
これがもし母ちゃんと一緒やったら、まさかネイルに一緒に行こうなんて
夢にも思わへんし、映画館で騒がれたら速効で出口に行くと思うし・・。

母ちゃん1人では出来んことも、他の人の力を借りれば出来るようになる事
っていっぱいあるんやなぁって再確認。

「It takes a village to raise a child.」って、現国務長官・元大統領夫人の
ヒラリー・クリントンがちょっと前に本書いたけど(彼女の本のタイトルは
「It takes a Village」)あれって元々はアフリカのことわざで「子供を育てる
には親だけじゃなくてコミュニティーが関わっていかな・・」っていう意味
やねんけど、その「It takes a village to raise a child.」っていう言葉を
今日の夕方、シンシアに送られてニコニコ顔で家に帰ってきたタクを見て
思い出した母ちゃんでした。

ホンマに母ちゃんとタクはシンシアやシンシアのスタッフ、学校の先生や
エイドの人たちや・・いい人達に出会えてラッキー。
ま、中には「けっ!」って思う人もいたし、悔しい思いをさせられたり
ムカついたりする人もおったし、きっとこれからも出くわすと思うけどね。
そういう陰気なパワーに負けないように・・・

やっぱり体力増強でしょ。

*****

で、タクがお留守の日曜日に母ちゃんは何をしとったかって言うと・・・

せっせとコロッケ作ってました。

トニーはまた「ペンキ塗りモード」にギアが入ってしもたようで、今日は
バスルームの壁をペンキ塗り。もうちょっと気候がよくなったら家の表の
ペンキを塗り直すらしいです。あー、はいはい。

|

« 検査結果 | トップページ | 疲れ果てた「生徒の日」 »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 検査結果 | トップページ | 疲れ果てた「生徒の日」 »