« 凹む雨 | トップページ | 後釜候補 »

2009/02/09

作戦会議

作戦会議に行ってきました。

日曜日の朝の9時半にD君のお家集合。

この予定が立った時に、すぐにタクのホワイトボード予定表に書き込んで
タクに説明し、日曜日は早く起きて行かなアカンから、いつも日曜日の朝に
やってる散髪はD君の家から帰ってきてからにしよな!って言うたのに、
D君の家に行くサプライズな予定は受け入れても、いつもの毎週日曜の朝
恒例坊主散髪が後回しになるのは許されんってことで文句言うんで、もう
急いで、でもハゲを作らんように気をつけて坊主散髪してからお出かけ。
その前にちゃんとタクとトニーの朝ご飯も用意して、ジーナとステラの
トイレ散歩もして、洗濯機も回し、食器洗い機から食器も出して片付け・・。
何で日曜の朝やのにこんなゼェゼェ言わなアカンねん!ってな感じでバタバタ
しながら、9時15分に「ほな出かけてくる!」って2階にいるトニーに叫んで
言うたら

「どこに行くん〜?え〜?」

・・・・富士山が爆発するまえに、絶対母ちゃん火山が爆発する・・・。

*****

で、9時半ちょっと過ぎにD君のお家に着いたら、もうサラ先生も来てはって
D君のおばあちゃんもいてはって、作戦会議開始!!

・・の前に、コーヒーとケーキと卵料理と各種ベリー盛り合わせをご馳走に。

優雅ですわよ、このお宅。
朝っぱらからダイニングテーブルにテーブルクロスを敷いて、綺麗なお皿を
並べて、お父さんも登場してみんなで朝ご飯。

これがフツーなん??やっぱり我が家はマズイ?かなりマズイ??

母ちゃん、顔を引きつらせながらご馳走に。タクはちょっと離れたとこに
置いてあるピアノのイスに正座して座ってiPodで映画を見ながらピアノを
叩いてました。はい。
その辺はD君も自閉症でみんな許容範囲が広いから良かったけどね。

さて、肝心の作戦会議やけど、「富士山噴火爆発模型」の事を母ちゃんが
「あれちょっと・・」って言うたら、D君のお母さんもおばあちゃんも
「ちょっとねぇ・・」って眉間にシワ寄せはって、サラ先生も肩をすくめて。
でも、もう既に作り上げたみたいやし、そのまま展示になるんかな?

「お寿司とお茶」は「Tea ceremony」の方法を聞いてきはって、どうも
お抹茶を点ててお寿司をお茶菓子代わりにするつもりやったみたいで(?)
それは阻止しました。お抹茶じゃなくて緑茶ね、緑茶。
でも、こっちで売ってる緑茶ってティーバッグなのはしゃーないにしても
レモン味とかラズベリー味っていうのもあるんやけどねぇ・・。
まぁでも寿司とお茶は母ちゃんが思うに先生とエイドの人のお楽しみやろうし
お好きにしてって感じ。

で、「うちわ」は画用紙に棒を貼り付けて、あとは生徒達に絵を描かせるって
いうんで、まぁええでしょ。

「紙で鯉を作って凧」っていうのは、どうも「吹き流し」っていう英語がない
らしく、「kite」って書いてたらしいんやけどね。
サラ先生「分かってるわ、凧っていうより壁掛けでしょ?」
うーーん。でも母ちゃんも「吹き流し」って説明するんも面倒くさかったんで
そのままスルー。

「ダルマ」については「ダルマって元々は何?」ってサラ先生に尋ねられてん
けど・・・そんな奥深くまで追求したことない母ちゃんは「さぁ?」
で、80歳のおばあちゃんが達磨大師の説明をしてましたわ。軽く。

あとは生徒達に自分の名前を「ひらがな」で書かせて、それを展示したら
ええんちゃう?ってことで、母ちゃんがタクのクラスメートの名前を書いて
あげたのと、D君のお父さんが「浮世絵ポスター」を提供したのと、D君の
お母さんがとっておきの缶に入った「おかき」をオヤツに提供してました。

で、この「JAPAN」の展示はタクのクラスと、サイエンスの授業で一緒に
なる普通クラスが合同でやるらしいんで、他にも展示物があるんでしょ。

それにしても・・噴火爆発してる富士山に浮世絵ポスター、寿司とお茶の
写真、張り子の達磨、壁に貼り付けられた鯉・・・・。

「多文化週間」で「JAPAN」がますます誤解されそうな・・・。

あ、「いっそこのD君の80歳のおばあちゃんを展示してしまえ・・」って
昨日の日記に書いたけど、このD君のおばあちゃん、アメリカ生活が長くて
全然日本人の80歳のおばあちゃんとは程遠い雰囲気でしたわ。
だって、ピアスしてはるねんもん。しかもぶら下がるタイプのやつ。
母ちゃんでもあんなピアスしたら肩凝るのに。めっちゃハイカラ。
そう、例えるなら「小森のオバちゃま」って感じやったなぁ。
そのおばあちゃんと対面に座ってた母ちゃん。ぶら下がるピアスを見ながら
母ちゃんもこのままアメリカにずっと住んで年取ったら、こんなハイカラな
おばあちゃんになるんかなぁ?って考えてたんやけど・・・

やっぱり母ちゃんなら目指すは「大屋政子ちゃん」がええな。

で、タクがやっぱり1時間しか保たんで、グズグズ言い出してね。
なだめすかして誤魔化してたんやけど、もうどうにもならんようになって
帰り支度をボチボチ始めてたら、そのおばあちゃんが日本語で喋りかけて
きてくれたんやけど・・

「アナタは働いてる?働いてない?そうよね。無理よね。
 こんな子達を育てるのは本当に大変よね。うちの子も大変なのよ。
 ああ、本当にねぇ・・。」

って言いながら、隣のリビングルームにいるD君を眺めてはってんけどね。
もうその目つきが「不憫でしゃーない」って言うてるんよねぇ・・。
何かねぇ・・・切なかったですわ。

******

ま、富士山は爆発したまんまで、ちょっと切ない思いをしながら作戦会議から
帰って、ほーっとひと息ついてたら、トニーも帰ってきて・・。

トニーさん、今日はサンタバーバラのハイソなスパでゴージャスな休暇を
満喫してるお客さんのとこに押しかけて行って、一緒にランチしてきたん。

ランチ。

65ドル。

「チップとパーキングも含めてやからなっっ!」って言い訳してたけど・・

ランチに65ドルってどうなん?!

「スープとサラダと小さいシャケが載ってるだけで65ドルや!
 あれはボッタクリやな!
 でも、サラダにローストした野菜が載ってて、ドレッシングも
 美味しくて、シャケも小さかったけど身が締まってて・・」

こんな話を延々聞かされる母ちゃんは不憫やと思う・・・。

|

« 凹む雨 | トップページ | 後釜候補 »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凹む雨 | トップページ | 後釜候補 »