« いずこも同じ | トップページ | 初モツ »

2009/12/25

疲れた1日

今日もまたまた暖かい冬の大阪。なのでタクと地下鉄&JRを乗り継いで、
おばちゃんの喫茶店へタダ食いツアー。

で、地下鉄に乗ったとこで昨日日記に書きわすれてたお姉さんのことを
思い出した。昨日のJR東西線で京橋から乗ってきたお姉さん。
母ちゃんも電車の中でマスカラ塗ったりアイライン描いたりアイシャドーを
塗ってるお姉さんは見慣れたけど、昨日のこのお姉さん、電車に乗ってきて
母ちゃん達の前に座り、カバンの中から鏡を取り出してきたんで、ああ、
お化粧直しやな・・って思ってたら

毛抜きで眉毛抜いたからね。

この衝撃の事実、忘れんように書き留めておかんと・・・。

ま、今日の電車でのお出かけではそんな人も見かけず、スムーズ・・。
でもタクが地下鉄で開いたスペースに座りたがったんで、2駅だけやったけど
座ったら、もうドーンと勢い良くシートに飛び乗ってって、隣に座ってた
サラリーマンのオッチャンに顔しかめられ、しかもタクがカラダをよじって
真っ暗な地下鉄の窓の外を見たがって、母ちゃんはタクの手や足や背中が
そのオッチャンに当たらんように気をつこて・・・

何か疲れるね、やっぱり。

で、帰り道にクリスマス&年末でもイマイチ寂しい近所の商店街で買い物して
帰って、ちょっと昼寝・・

したかってんけど、今日は何と40年ぶりに再会するおばちゃんが家に来て
母ちゃんの好きな棒ダラと百合根をたいてくれることになってて。

おばちゃん登場。

このおばちゃん、昔ご近所さんやって、家族で仲良くしてて、母ちゃんが
小さい時に可愛がってくれてて、たぶん母ちゃんが生まれて初めてお泊まり
したのが、このおばちゃんの家。
母ちゃん、その時の事覚えてるもんねぇ。たぶん3歳とかそれぐらい?
タオル地の穴あき枕とウサギのぬいぐるみを持って、おばちゃんの家に
意気揚々と行って、いざ寝る時間になったら「帰る〜〜!」言うて大泣きして
困らしたん。結局、そのまま泣き疲れて寝て、朝の日の出とともに家に連れて
帰ってくれはったらしいねんけど・・。

ま、そのおばちゃん(当時からおばちゃんやと思ってたけど、実はピチピチの
女子大生やったらしい)が、割と最近になってじいちゃんの倒れた事を知り、
ばあちゃんに連絡取ってきて、またおつきあいが再開したとかで、今回は
母ちゃんが里帰りしてるし、ほな家に来て何か母ちゃんの好きなもんでも
料理してあげるわ・・ってなことで、年末やし棒ダラと、母ちゃんの好物の
百合根の卵とじを作ってくれることに。

棒ダラも百合根も大きいおばあちゃんが上手に作ってくれてたけど、もう
長い事食べてなかったし、当然アメリカにはないし。百合根は園芸コーナーで
百合の球根を見るたびに「食べれるんかな?」とは思ってたけど、なかなか
チャレンジする気にはなれんしね。

ま、とにかくそれを40年ぶりに再会するおばちゃんが料理しに来てくれて。
「もう昔の面影ないねー。」とかって喋りながら料理してくれてんけど・・。

疲れ切った母ちゃん・・・。

もう母ちゃんを喜ばせるためにお料理してくれてるって分かってるから、
お話も聞いてたけど・・・。

疲れた。

「タクちゃんは何を言うてんの?何がおもしろいの?何で自閉症なん?
 どうやって自閉症って分かったん?学校はどうなん?」

いや、そうやっていろいろと聞いてくれはるんは親身になってくれてるって
ことで嬉しいねんけどね。

疲れた。

出来上がった百合根を食べる元気もないぐらいに疲れた。

大阪のおばちゃん、喋り出したら止まらんのは母ちゃんも一緒かもしれんけど
「聞き上手」にならんとアカンなと思った今日の出来事でした。

さて、明日はモツ鍋。
もう出かけるまでしっかり体力温存して出かけることにします。

|

« いずこも同じ | トップページ | 初モツ »

疲れた日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いずこも同じ | トップページ | 初モツ »