« 久々京都 | トップページ | クリスマス in 大阪 »

2010/12/24

大阪城

時差ボケ、タクは解消した模様。
母ちゃんは相変わらず丑三つ時に1回目が覚めます・・・。
別に枕元に怖いモンが立ってるとか、そういうのんはないねんけどねぇ・・。
で、そのあともういっぺん寝直して起きたら6時前って感じなんで、まぁまぁ
大丈夫な範囲かな・・って感じ。

さて、今日も予定決行!ってことで、朝のお手伝い業が終わってスグに
タクと大阪城に行ってきました。

今日は大阪も青空が広がってたけど風があって寒かった・・。
でも、青空の中に建つ大阪城は綺麗やわ、やっぱり。

母ちゃん、小学校も中学も高校も、この大阪城のお膝元やったんで、何かと
思い出が多いんよね〜。

で、タクとは里帰りのたんびに来てるから、タクも歩くコースとか、どっち向いて
歩いたらどこに行くとか分かってるんで、今日は昨日みたいな連呼はなく、
まぁまぁスムーズでした。

ただ、いつもと同じコースで歩くだけやったら母ちゃんがおもしろないんで、
今日はタクと大阪城の天守閣てっぺんまで登ってきましたわよ。

ここに登るのはたぶん高校生の時以来。

天守閣見学コース、大人1人600円を2枚買ってタクと入場。
エレベーターで5階までシャーッと上がってんけど、外人さん男性と相乗りに
なったからか、エスカレーター係りのお姉ちゃんが英語で説明しだしてね。
なかなか発音お上手でした。大阪弁訛りもなかったし。
で、5階に着いてドアが開くぞ・・って時になって、タクがこれまた上手な
日本語で

「5階です。ドアが開きます。ご注意下さい。」

もうねぇ・・・母ちゃん、吹き出した。

で、5階からは階段で8階まで上がったら、お土産物屋さんと展望スペース。
ドアを開けて展望スペースに出て・・網は張ってるけど、タクが身を乗り出して
景色を眺めたり、あの網のとこにiPod落としたりしたらどないしょーって
母ちゃんは心配しとったんやけど・・・

そんな心配よりも、母ちゃんの足がすくんでね・・・・。

めっちゃ高いやん、天守閣!!こわいーーーー。こわいーーーーーー。

母ちゃん、タクのジャケットの裾を握りしめてました。こわいーーーー。
母ちゃん、高いとこってあんまり好きちゃうねんけど、吹き抜けやったから
余計に怖かったーーー。

しかも、今日は風があったから、途中で風がビューーーーッて吹いた時には
へたりこみそうになったしーーーー。

豊臣秀吉、あんな天守閣から外見とったんやろか?

ってことで、今日の大阪城の写真は『something fun』

で、天守閣を満喫した後はもう帰宅コースやってんけど、その途中にマクドが
あるのを覚えてるタクなんで、マクドで休憩。

P1010142

ああ、今日も充実した1日でした。

明日は激冷えの冬日になるってな天気予報なんで・・どうしよっかね・・。

******

で、大阪城から帰ってからトニーに電話してみました。
南カリフォルニアでは記録的な大雨が降り続いてて、えらい心配してくれてる
人たちがいたもんで、ホンマは電話する気なんかなかったんやけど・・・。

こっちのお昼過ぎに電話したから、アメリカ太平洋側時間にすると夜の8時過ぎ。
電話するにはベストタイムでしょ。

ってことで、電話したら

「・・・・ハロー?」

あんた、こんな時間から寝てたんかい?

ま、とにかく、雨は今日は止んでたらしく、ステラもキアナも元気なようです。
雨の被害もわが家は全然大丈夫やったって。

って、それだけ聞いて、「メリー・クリスマス。ほなおやすみ。」

もう電話せんでもええやんな?

******

ところで日本のクリスマス、年々派手になってない?
年々盛り上がりすぎってなぐらいに盛り上がってない?
そらキラキラのクリスマスツリーとか電飾とかサンタクロースとかトナカイとか
プレゼントとか、クリスマスケーキとかクリスマス・ディナーとかクリスマスの
色んな歌とか、楽しいし綺麗し盛り上がるけど・・・

本来の意味はどこ行った?みたいな。

これ、もしも他の宗教みたいに食事制限がつくようなイベントやったら
絶対に日本では流行らんかったやろうなぁ・・・。

タクは街でクリスマスツリーやらサンタを見るたびに

「クリスマスツリー!サンタクロース!」

ってデカい声で叫んで教えてくれてるし、家ではテレビ占領してクリスマス関係の
歌が録画されてるDVDをエンドレスで見てます。

きっとクリスマスが終わっても続くはず。

ええねん、母ちゃんは紅白だけ見れたら。

|

« 久々京都 | トップページ | クリスマス in 大阪 »

楽しい日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々京都 | トップページ | クリスマス in 大阪 »