« 始め人間 | トップページ | 火曜日いろいろ »

2012/05/21

農場プログラム

今日は自閉村を抜けたお母さん達と一緒にハイソな街の奥の方にある
「古いハイソな街」っていう名前の地域にあるNPOを見学してきました。

ここのNPOのオーナーっていうか責任者っていうか・・・何ていうの?
とにかく設立者のおばさん(って呼ぶにはキレイ過ぎる・・)とは去年の
4月末にあった自閉症啓蒙ウォークのイベントでシンシアが出会って、そのあと
1回自閉村のミーティングにも来はったことがあるんやけど、あの時は
自閉村を軌道に乗せるのに必死やったから挨拶ぐらいしかせんかったん。

でも巡り会える人とはまた巡り会えるもんなんかもね。

とにかく、この人の設立したNPOもまだ1年目のホヤホヤ。
で、現場は彼女の自宅。豪邸。3エーカーの農場。馬もおるしポニーもおるし
ヤギもおるし、畑もある。

彼女Sさん、南アフリカ出身の白人べっぴんさん。元々は南アフリカの
アパルトヘイトをなくしたくてソーシャルワーカーやってんけど、
ちょっと気分転換したくてビジネスに軌道修正して、自分のお洋服ブランドやら
不動産やら、とにかく色んなビジネスをやってきて成功してきたらしいんよ。
で、メキシコとアメリカの国境に住んでたんやけど、治安が悪くなってきて
アメリカに移住して、そこで今の大きな豪邸に引っ越して。

で、息子さんが高校でスペシャルニーズにクラスを手伝いに行ったりして
スペシャルニーズの子供達と出会うようになって、そのボランティアから
色んなNPOと知り合うようになって、「私の家の農場をその人達に開放しよう」
って思ったのが最初やったらしいわ。
そこからNPOになって行って、今は週末と木曜日にNPOとロスの学校プログラムが
農場に来てるだけやねんけど、これから将来、自閉症の大人が増えて行くのに
その人達のスキルを伸ばしていくプログラムがどこにもない!ってことで、
この夏からサマープログラムを始めることにしはったんよ。

で、タクをそこに行かせてみようかな・・・って思ったんで、今日の集まりに
参加してみたわけです。

とにかくビジネス畑出身のSさん、「将来的に採算があって利益になるような
ビジネスを子供達が中心になってやっていって、それでNPOが動いて行くように
していかないとどうしようもない。農場経営だけでは採算は取れないのよ!」

ビジネス畑出身じゃない母ちゃんでもそう思うもんねぇ。

だからSさんは子供達にお菓子作りやパン作りが出来るような訓練&職場を
与えていきたいし(日本でよぉあるやんね)、コンピュータークラスも
作って子供達がeBayでトレード出来るようにもしていきたいし、
実際にそういう事をスペシャルニーズの青年達に教えてる高卒プログラムが
あるらしく、そこの人ともすでに共同計画してるらしいし。

ビジネス面から話すから、話を聞かされる学校側やビジネス側も聞きやすいし
協力しやすいんやと思う。シンシアみたいに「夢」ばっかり話されても
いっこも現実味がないから、それに「お金を出して協力しよう」とは
頭のいいビジネスマンは思わんよねぇ・・・。

だから将来的なゴールは自閉村とSさん、基本的には似てるんよ。
ただそこにどうやって辿り着くかっていうのが違いすぎる。
Sさんは「小さいことからコツコツと」やし、「計画性」もあるし。

でも、ここにすんなり相乗りしていいのかどうか、それが何かね・・。
自閉村であんな目に遭っただけに・・。
あ、でもSさんのNPOは何もかもオープンなんで、自閉村みたいな
大ドンデン返しはまずないはず。

ただ母ちゃんの気持ちの切り替えがスルッと行かんだけ・・って感じ?

なので、タクを農場サマープログラム(っていうても土曜日だけやねんけど)に
参加させて、タクに判断させよっかな?タクが楽しく行ったらOKかな?

タクが引き合わせてくれる縁を信じる母ちゃんやもん。

ああ、でもホンマに子供が大きくなっても休みなしやね・・。

|

« 始め人間 | トップページ | 火曜日いろいろ »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 始め人間 | トップページ | 火曜日いろいろ »