« 観戦 | トップページ | スーパーモデル »

2012/08/10

傾向と対策

今日はタクをジムに連れてって、そのままオフィスでお手伝い。
男子サッカーの日本vs韓国、テレビで見たかったけど、パオラと約束してたんで
ドタキャンしない女・母ちゃん、居残りました。

が、何かザワザワしたキャンプでね。落ち着いて仕事をしてる時間が短かったんで
合間にfacebookを通してアトランタに住んでる友達が試合の中継をしてくれて。

それでちょうど良かった?・・ってな試合展開みたいやったね?

******

さて、キャンプの何が落ち着いてなかったかっちゅーたら、参加してた男の子。
最近来始めた男の子やねんけど、自閉くんじゃなくて、もう何もかもの発達が遅れてて
ごっつい小柄やから10歳ぐらいかと思ってたらタクと同じ年なん。
歩くのも不自由やし、発語はほとんどないし、手話っぽいこともするけど、でも2種類だけで
それも状況によって意味が変わる・・みたいな。
で、このM君、お兄ちゃんがいるせいか、すっごいライアンに懐いてて、キャンプに来て
ライアンがいたら満面の笑みなんよ。でもライアンがいてないと号泣。

今日はライアンお休み。

もうそれが分かるなり号泣。

で、M君が泣くと最近荒れ模様のC君がイライラして非常事態ってな感じになって
スタッフもピリピリしてくるし、それを見極めて他の子もソワソワするし・・・。

負の連鎖作用ってヤツやね。

まぁでもトランポリンで飛び跳ねたりオヤツを食べたりしてるうちにM君も落ち着いて
どうにか時間は経つねんけど、またお昼前後から妙な雰囲気になってきて。

ランチ、家から持って来てない子の分はスタッフの分と一緒にテイクアウトやねんけど、
その集めたお金をM君がオフィスに持って行くって意思表示したらしく、スタッフと
一緒にパオラの所に持って来たと思ったら・・・

パオラに噛みつこうと。

これね、パオラがスタッフのスケジュールを管理してるってM君知ってるからなんよ。
パオラのせいでライアンが来てないって思っての攻撃。

知能犯・確信犯。

で、ランチの後、ジムで遊んでるパオラの双子ちゃんの様子を見に行ったら
M君もそこにいてて、母ちゃんに向かって笑顔で手を振ったりしてくるん。
で、「隣に座れ」とか「オレが平均台歩くのん手伝ってくれ」とか、手を引っ張って
意思表示したりするんで、母ちゃんも昼ご飯の後の腹ごなしに付き合ってたん。

で、M君、ニコニコしながら母ちゃんと手を繋いで歩いたりするし、これは母ちゃん
ライアンの次にM君のお気に入りになったんちゃうか?

って思いながら、他の子達がビデオを見るって別の部屋に集まってたんで、そこに
連れて行ったら、パオラの顔を見て反応したんか何なのか、いきなり母ちゃんの
髪の毛を引っつかんできてね。

そんなに痛くはなかったんやけど、解き放すのにちょっと時間がかかって、
で、離れた後で「もうそんなことするんやったら遊ばへん!」って言うて
オフィスに戻ったら

その次の瞬間にパオラのおっぱいに噛みついたとかで・・・・・。

母ちゃん、Sサイズの乳で助かった・・・・。

それにしてもパオラ、えらい目の敵にされてて大変よ。
っていうか、ライアンどんだけ愛されてるんじゃ?って感じ。

でもねー、でもねー、上手に感情表現が出来ん子達やからねー。
「大変」っていうよりも「そう来たか?!」って感じの方が強いかも。

母ちゃん、これからM君と遊ぶときは髪の毛をアタマのてっぺんでお団子にします。

|

« 観戦 | トップページ | スーパーモデル »

考える日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観戦 | トップページ | スーパーモデル »