« 継続は力なり | トップページ | 不安材料 »

2012/11/14

褒められた

前にも日記に書いたけど、今学年度、タクのクラスは少人数になって
サラ先生の忙しさもちょっと緩和して、色んな事に手と時間が回せるように
なったからなんでしょう、タクのクラスの様子をクラスに関係してる生徒と
親と職員だけが見れて投稿できるfacebookページを開設してくれて。
で、クラスの写真をアップしてくれたりするんで、様子が分かって親も楽しいし
タクにも見せて日記を書かせたりできて助かってるん。

で、今日は先週金曜日にあったクッキングクラスの時の写真がアップされててね。
みんなでメキシカンのタコスを作ったときの様子。
CJがキャベツを真っ二つに切ろうとしてるとこや、リアちゃんがお肉を炒めてたり
他のクラスメートがみじん切りに挑戦してたり、トマトを切ってたり・・・。
みんな楽しそうに料理してて、何てほのぼの・・って感じ。

で、タクの写真もあってんけど・・・

タクが挽き肉炒めてるとこの写真。

鼻つまみながら・・・・・・・。

もう、他の子はみんなフツーに料理してんのに、タクだけ、ホンマにタクだけが
鼻つまんで臭そうな、イヤそうな顔しながらやってるんよ。

母ちゃん、その写真見てバカ受け!!!

で、コメント残したん。「これこそうちのタク!」

そしたらしばらくして、その母ちゃんのコメントに「いいね!」がついたっていう
お知らせがあって。

で、そのスグ後に「新しい情報がアップされました。」

なので、タクのクラスのページに行ってみたら・・・。

ほれ、前にも書いたベン君。タクと朝いっしょのスクールバスに乗って登校してて
「タクは毎朝ボクに挨拶してくれるし、ハイファイブしてくれてええヤツや!」って
コメントしてくれた、あのベン君が投稿しててんけどね。

「タクはホンマにええヤツや!いつもタクのめっちゃいい人柄がボクを
 ニッコリ微笑ませてくれるし笑わせてくれるんや。
 今日もそんな事が1時間目にあって、ホワイトボードにボクがメガネを掛けた
 男の子の絵を落書きして、それをタクに見せて"どう思う?”って聞いたら
 その絵を指さして"ベンや!"って言うて、朝からすっごい楽しかったし
 今日はそのせいで1日いい気分で過ごせた! 
 タク、ありがとー!」

って書いてくれてたんよ。

もう、母ちゃん、これ読んで感激。

なので、それにお返事書いたん。

「ベン君、君のこの投稿が母ちゃんの1日を素晴らしいものにしてくれた!
 タクのいい友達でいてくれてありがとー!」
 
って。

そしたら、すぐにその母ちゃんのコメントにお返事がついて。

「タクはもうボクとはもう長い間いい友達でいてます。 
 で、タクがこんなにいいヤツに育ってる事実について、ボクはアナタを
 高く評価したいと思います。タクがこんなにいいヤツになってるのは
 きっとアナタは今までタクを上手に育てたからだと思いますよ!
 いや、ちょっと言うてみただけ。どういたしまして!」

・・・・・・・・・。
ベン君、アナタはホンマに高機能のアスペ君やねんなーって。
もう何で高校生のタクの「友達」にタクの子育てを褒められるんじゃ・・・・。

ま、誰に褒められて悪い気はせんからええけどね・・・・。

|

« 継続は力なり | トップページ | 不安材料 »

悲しい日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 継続は力なり | トップページ | 不安材料 »