« そして想定外の水曜日 | トップページ | 薬は万病の元? »

2013/12/05

術後木曜日

昨日、2回目に病院に行ったとき「回復室には家族も入れない」って
ボランティアのおばあちゃんに言われて、ほな明日の朝に出直しますって
言うたんやけど、「その時には部屋に戻ってるからね。」って言われたんやったか
「部屋に戻ってますかね?」って母ちゃんが聞いて「戻ってるわよ。」って
言われたんやったか、どっちやったか忘れたけど、とにかく回復室じゃなくて
部屋に行ってるって言われたんよね。

で、今朝もタクをスクールバスに乗せて見送って、ワンコの散歩に行って、
ちゃちゃっと朝ご飯を食べて身支度調えて、面会はいちおう9時からってことに
なってるけど、ちょっとそれより早めに行ったん。

トニーの病室。

ドアが閉まってたんでコンコンってノックして、重たいドアを開けたら
黄色い靴下を履いた足がベッドの端からはみ出てて。
何か力のない脚。。
さすがに病院に2週間以上も入院して、食べたいもんもあんまりないし
マズい病院食を細々と食べて、運動もしてないから力を入れることもないから
筋肉もそげ落ちるんやなぁ・・・。何か血色も悪いし、手術ホンマに上手いこと
行ったんかいな?

って、そのベッドからだらんとはみ出た脚を見て、ちょっと不安な感じで
部屋の中に入っていったら

知らん白人のじいさんが・・・

あー、ビックリした!
じいさんが気がつくまえに部屋出てきたわ。

で、ナースステーションに行ってトニーの居場所を調べてもらったら
CCUにいると。

Critical Care Unit

ICUよりはマシなんかな?術後で大変やからそこにおるんかな?

ま、とにかくまた受付に行って行き方を聞いて、あっちこっちの角を
曲がって曲がって、やっとCCUの待合室にたどり着いて、そこの電話で
「うちのダンナがそこにいてるんですけど、面会できますか?」

って中のナースに聞いたら「ええ、入ってきていいわよ。」

で、重厚な自動ドアを開けてもらって、トニーが入ってる部屋に行ったら
起きて椅子に座ってたんやけど、あれやこれやの管が繋がってるし、点滴も
もちろん繋がってるし、酸素も鼻から吸ってるし。

でも朝ご飯食べた直後でね。

しかもフツーの固形食。
イチゴのへたが8個ぐらいあったし、スクランブルエッグも完食してたし
コーヒー飲んでるし・・・・

ありえへん。

で、話を聞いたら昨日の晩ご飯からいきなり普通食で野菜のチリ食べたって
言うねんで・・。

ますますアメリカでは入院したくない。
ここで決意表明したいぐらいやわ。

その時はまだ何かしんどそうにしとったけど、午後にもう1回病院に行ったら
だいぶん顔色も良かったし、この週末か来週初めぐらいには退院ちゃうかな?

タクが "Saturday Daddy Hospital."って言うてるんで、土曜日の午後にタクを
連れて行こうかと思ってるんやけど、その時には色んな管も抜けてて、
点滴も外れてたらええねんけどねー。

ま、どうにかこれで病弱トニー記録も無事最終章に移っていけそうかな。

午後に行ったときには「今日の晩にはCCUから出れて普通病棟に移れるって
言われた」って言うとったんで、


明日はよそのじいさんの部屋に行かんでええように、部屋が移ったら
連絡してきてやって言うて帰ってきたんやけど。

トニーが病院から電話してくると絶対に家の電話にしてくるんよね。
だから母ちゃんのケータイの番号、持ってるやんな?ってトニーに確認したら
トニーがiPhoneのアドレス帳を開けて見せてくれたんやけど・・・

母ちゃんのケータイ番号、入ってない・・・・・。

どこまでも希薄な夫婦・・・。

あ、そうそう。
朝イチでよそのじいさんの脚みてビックリして、CCUでトニーを確認した後
母ちゃんは木曜日のフラのクラスに行って踊ってました。平常心を保つため。

でも、フラじゃなくても家にスケジュール男のタクとこれまたスケジュールを
しっかりかぎ分けるワンコがいるおかげで、母ちゃんは疲れ果てずに済んでたと
つくづく思う。変則的でワケのわからん病院にいるトニーのことだけ考えずに
済んだのが良かったなーと。

ま、もともと希薄なのも良かったんかもしれんけど。

あー、やれやれ。

|

« そして想定外の水曜日 | トップページ | 薬は万病の元? »

フツーの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そして想定外の水曜日 | トップページ | 薬は万病の元? »